ヨーロッパのテニスクラブでのクレイコート代替『人工クレイコート』の誕生背景


伝統的クレイコートは世界4大グランドスラの1つであるローランド・ギャロス(パリ市)で毎年開催される『全仏オープン』で採用されています。目にも鮮やかなサーフェスははレッドクレイを象徴し、プレイヤーであれば誰でもがプレーを憧れるテニス・サーフェスと言えるでしょう。

欧米のテニス指導者からは認知されなかった砂入り人工芝生テニスサーフェス ?

テニス競技にとってアマチュアからトッププレイヤーまで最適だったクレイコートは世界的にテニスの競技人口が増えるに従って、施設オーナーや競技大会運 営者等はコート維持管理コストの負担と天候で大幅に左右されるクレイの代替コートとして『砂入り人工芝コート』が最初に受け入れられ、20数年前から世界的に普及し始めました。しながら欧米を中心としたテニス指導者や選手達にはクレイ代替コートとして高く評価さず、レクリエーションタイプのテニスコートとして位置付けられました。あくまでもテニス競技の特性を追求するテニス指導者達により、新たなクレイ回帰の代替コートの要望が高まり、スイス、フランス 、イギリスやドイツを中心としたテニス関係者達によって、クレイコートにより近いサーフェスの開発が20世紀後半から急激に進み、テニス競技特性、競技性、最適なトレーニングコートとしては勿論、トーナメントにも満足されて、しかも施設サイドにとってもメンテナンスが大幅に軽減できる表層基盤『ニードルフェールと皮膜メンブ ラン構造』が開発され、表層トップにレッドクレイを用いた工法は見た目とプレイ感はクレイコートそのものです。今や、天然クレイ主流だったヨーロッパ地域では代替人工クレイコートとして数多くのテニスクラブで近年急速に採用されております。それは多くのテニス愛好者の為の最適なサーフェスである事が認知されたからです。

人工クレイ/G-CLAYの基盤 ⇒ UV高密度凹凸
PP-Needle Felt
メンブラン構造

G-CLAY 支持基盤構造
G-CLAY埋め込み接着コートライン



レンガ粉砕レッドクレイを表層に充填したヨーロッパ主流の人工クレイコート
TC TADRANS AUSTRIA
CS COLLOGNEE SWISS
TC COLLOGNY SWISS
TCBB Paris

従来のクレーコートはメンテナンス上で様々な問題が生じておりましたが、人工クレイはそれらを全て解消しました。
メンテナンスの削減は環境配備タイプのエコ的なコートへ進化させました。

埃なし
汚れなし
風による飛散が少ない
散水不要
大掛かりな転圧不要
ライン補修なし
排水の心配なし


日本独特のテニス & ソフトテニス競技に共有できる人工クレイコート仕様にしたG-CLAY


人工クレイ日本仕様のガーネットクレイ
 ガーネットクレイの仕様と構造
人工クレイ - ガーネットとは?
ガーネットクレイの公式ラボテスト
ガーネットクレイの公認証
ガーネットクレイ−施工方法
ガーネットクレイのメンテナンス方法
人工クレイ・ガーネットクレイの施工実績 


ガーネット・シリーズ砂入り人工芝タイプ




大塚のスポーツ人工芝製品
ホームページへリンク

Page Top